志賀島:福岡で短時間で楽しめる観光地。サザエ丼も美味い!

旅行記

福岡は昼間に観光しようと思うと中々むずかしい。
今回、東京から友人が来ることになった。
奥さんが博多座での観劇に来福。夫である友人は一緒に来たものの
昼間は暇ということで、案内することに。
さて、どこにしようか?
友人の奥さんの観劇友達夫妻も来ており、中年おっさん3人が昼の福岡で何をするか?
しかも、時間は3時間程度。
で、今回の選択は「志賀島〜!」

クルマを借りて、12時前に出発。
ここの面白いのは志賀島に渡る手前。
左側は博多湾で静か海。右側は玄界灘に面し、波の荒い海。
これは中々見れる風景ではありません。

ランチは名物さざえ丼

志賀島に着いてからは、島に渡ってす右手の鳥居をくぐったところにある中西食堂

image
ここの名物はサザエ丼
大相撲九州場所の時は、横綱 曙がこの店が好きだったようで、曙丼というのもあります。
満席だったのでちょっと並んで一番奥のテーブル席へ。
3人ですが、1人はサザエ丼をオーダー。

image_2

地元で採れる海老、ワカメ、サザエをふんわりと卵でとじた具のどんぶり。
また、出汁が絶妙な味なんです。
私ともう1名は金印カレーとサザエ丼の具が半分づつ載った、カレーサザエ丼

image_3

つい、欲張ってしまいました。
カレーも美味しいのですが、サザエ丼の具と混じり合うところがどうも・・・。
単品にした方がいいかもしれません。
そしてもう一品

image_4
皿うどんです。
3人でシェアしました。
多分炒める時にチャンポンスープをかけてますね。
ねっとりした味わい。最初はそのまま頂きましたが、途中からはソースをかけて。
二度楽しめます。
さて、食事の後は

海上守護の神社志賀海神社をお参り

志賀海神社

入り口に清めの砂があります。
海上守護の神社ということで小高い山にあり、境内からは海も見渡せる静かな神社でした。

image_5

金印が発見された金印公園

ここ志賀島は『漢委奴国王』としるされた金印が発見された島。
それを記念した公園です。

image_6
ここからは博多湾が望め、能古島やヤフードーム、福岡タワーなどが見えます。
この後は島をぐるっと回って市内に戻るだけ。

博多湾側と玄界灘側では異なる海の色

今年の夏は雨続きの福岡でしたが、夏休み最後の週末にようやく晴れたので、
海水浴場には家族連れの姿が。

image_7

ここは子供も泳げる穏やかな海ですが、島をぐるっと回って玄界灘側にいくと、
海の色も違い激しい海です。
image_8
この穏やかな海と激しい海の両方が見れるのも、志賀島の魅力です。

海岸はきれいにしよう

そうそう、実は志賀島に渡る前にTVの取材を受けてしまいました。

image_9

地元KBCの取材で海岸のゴミについてです。
写真のとおり、海も砂浜もきれいな福岡の海。
でも海岸はゴミだらけ。
多いのは花火のゴミなどです。
image_10
福岡の皆さん、マナーは守ろうぜ!!
そんな訳で短時間で楽しめる志賀島でした。

コメント

  1. 黒い狸 より:

    一緒に観光した中年Aです。
    お世話になりました。
    たしかに浜辺のゴミは見苦しかったですね。
    サザエ丼は関東圏(江ノ島等)で食べられる物と違い、海老や若布が入っていて、旨いものでした。
    皿うどんも美味、美味。
    多分、赴任中にまた遊びに行くことになりそうです。
    その時にはまたよろしくお願いします。