2013-08

スポンサーリンク
NO IMAGE 書評

なるほど、映画の見方って深いー風立ちぬ

前回、風立ちぬを観た後、感想を掲載しました。 その時のエントリーはこちら 自分としては、夢を追って仕事に邁進する二郎。 その二郎に恋する健気な菜穂子 という見方であったが、 確かに映画を観る中で「う、うん?」と思うシーンがあった。 本書は...
NO IMAGE 書評

【書評】エンジェルフライト 国際霊柩送還士 by 佐々 涼子

外国で事故・事件があると羽田空港で棺が飛行機から降ろされるシーンをテレビで観た人も多いだろう。本書は外国で亡くなった日本人の遺体を受け入れ、適切な処置を施し、遺族の元に届ける仕事を取材し一冊の本に仕上げている。日本に届く遺体は、国によ...
NO IMAGE 映画・ドラマ・音楽

夢に一生懸命向かう大切さを感じましたー風立ちぬ

夏休み中に観てきました。 物語はゼロ戦の設計者 堀越二郎と 小説 風立ちぬの作家 堀辰雄の話とかごっちゃにして ひとつのストーリーを作ってます。 大正から昭和にかけての時代、これから第二次世界大戦に向かって行く 日本を美しい映像で描...
NO IMAGE 書評

【書評】狭小邸宅とひなた弁当

本日は一気に2冊読了 たまたま図書館に予約していた本が2冊一緒に届いたこともあります。 面白い事にどちらも文芸書なんですが、どちらも仕事に悩む主人公の物語。 ただし、狭小邸宅は入社直後の若者ですが、ひなた弁当は50歳まじかのサラリーマン。 ...
単身赴任生活

単身赴任から1年と4か月たった8月の状況

早くも50歳を迎えて、1年と半年が経過しました。 たまたま転勤の辞令を受け、単身赴任ともなり生活習慣も大きく変わることになった訳ですが、やはり気がついた事は何かを変えようとするには、習慣化するのが一番ですね。 単身赴任して一番変...
スポンサーリンク