震災から1年4ヶ月の熊本への旅 【2017年夏休み】

2017年の夏休みは熊本の実家に行ってきました。
福岡単身赴任中は毎月のように行っていた熊本ですが、
4月に東京に転勤になってからは初めての訪問です。

そして、震災からは1年と4ヶ月が経過しています。

ひさびさの、そして、復興を目指す熊本はどうだったでしょうか?
今回は滞在時間が短かったので、多くは紹介できせんが、
よく見かけるポイントの状況を紹介したいと思います。

まずは熊本城から

この下通り入り口から熊本城をみる風景は定番のスポットです。
ニュースでも大きくとりあげられ、熊本人の心の中にはいつも存在する熊本城の風景です。

▼まずこちらは震災直後の熊本城です。

天守閣の屋根の瓦はすべり落ち、裸となってしまった天守閣の屋根。
まわりの石垣の状況もすごかったのですが、今回は立ち寄りませんでした。

▼こちらは今回訪問したときの熊本城
すっかり普及にむけて工事中です。
震災直後は屋根の瓦が落ちた状態でしたが、今回は工事のため、
天守閣周りもおおわれています。

やはり、風景が変わってしまってさびしいですね。

 

商店街の様子はどうだったか?

まずは、上通りに向かいます。

▼震災直後はクローズしていた書店です。
この時クローズした店舗は店をあけずに、臨時店舗を路面に出していました。

▼すっかりきれいになってオープンしていました。
昔からの書店が再オープンしてくれてよかったです。
周りのお店もあいており、露天での臨時店舗wもなくなっていたので、
このように正面から撮影ができました。

 

▼蜂楽饅頭は震災直後も今も行列で変わらず
やはり愛されていますね。

次は、下通りです。

▼以前、ダイエーがあったところはCOCOSAというショッピングビルに変わっていました。
ここはその昔は老舗の大洋百貨店だったところです。
すっかりきれいになりました。

ここ以外でも震災直後はクローズ、その後は1Fだけのオープンだった「紅蘭亭」もすっかりオープンしていますし
鶴屋百貨店も全館営業しています。

そして、なにより良かったのは、実家の近所のスーパーが建物を建て直し1年振りにオープンしたこと。
この1年間買い物のためには、バス・電車を利用しなければならなかったのが、歩いて買い物にいけるようになったことです。

今回は滞在期間が短く、あまり様子を見られませんでしたが、ちょっとずつ復興している様子が感じられた旅でした。

 

震災直後の記事はこちら

震災後の熊本へ行ってきました
私の両親は熊本に住んでいる。 震災直後は公共交通機関が無かったことと うちの親も割りとポジティブな方なので、大丈夫大丈夫と言っていたものの 心配な面もあるので、ゴールデンウィーク前に様子を見にいくことにした。 訪問の目的 今回...

震災1ヶ月半後の様子はこちら

熊本震災から1か月半。再び訪問してきました。
熊本の震災から1か月と2週間程経過。 私は両親が熊本に住んでいることから、再び様子を見に行くことにした。 訪問の目的は重たい物の買い出し これまでに近所にスーパーがあり、ほとんどの食料品はそこで手に入ったが、 今回の震災後、まだ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました