福岡発 柳川特盛りきっぷで楽しむ川くだり

旅行記

yanagawa1

西鉄柳川特盛きっぷとは

福岡に遊びに来た友人。

2日目だが今日は既に帰る日。

私も行ったことが無い「柳川」に行くことに
行き方は西鉄の「柳川特盛きっぷ」がお得。

 

yanagawa2
西鉄ホームページはこちら
http://www.nishitetsu.jp/train/otoku/i_yanagawa_to/
¥5,150で往復の乗車券、柳川川下りチケット、郷土料理の引換券などがつきます。
西鉄福岡ー西鉄柳川間は¥850なので、往復で¥1,700。川下りは¥1,600。
郷土料理は¥2,600相当。トータル¥5,900分に北原白秋生家入場割引やお土産屋さんでの特典引換券がつきます。
電車で柳川について、改札の川下りのおじさんにこのチケットを見せると、
待合室まで案内され、マイクロバスで出発地点まで連れて行ってくれるのも楽チン。

柳川駅から案内され川下りに出発

川下りの出発点です。

これから70分は船の上ですので、待合い室ではトイレを済ませておくのがよいでしょう。

 

yanagawa3
9:40発の船はこの日の一番船だそうです。
出発の時はお見送りが1人でした。

 

yanagawa4

この川下りですが、最初は河川だそうですが、途中から運河に入ります。
ざっと柳川城を取り囲むお堀ってところでしょうか。
街中を移動するので、当然道路の下をくぐったりしますので、こんな狭いところに行ったりします

 

おおっ、頭を伏せないとぶつかるぞ!

 

yanagawa5

 

パンフレットにあるような風情のある風景です。
yanagawa6

 

船からは視点がひくく、陸をみるのは面白いです。
image_7

 

川下りの中間地点には売店がある

この川下り、全行程は70分なんですが、ちょうど中間点には、売店があります。
image_8

売っているのは甘酒などでしたが、後ろの船は朝から船の上でビールなど飲み宴会状態でした。

 

売店を過ぎると、城下町らしく昔ながらの屋敷がみえます。
image_9

あと、柳川は猫が多いらしい。
この猫は手で水をすくって飲んでました。
image_10

船頭さんはギャクを交え、歌を歌い、ポイントを解説しながら乗客を楽しませます。
そして、ちょうど70分で終点に到着。
image_11

到着地点では北原白秋生家見学と昼食

降りた後は、昼にはちょっと早かったので、北原白秋の生家を見学。
image_12

そして、お昼。
柳川はうなぎが名物。いくつかの鰻やがありますが、柳川在住の人間にあらかじめ聞いていた
「若松屋」に入りました。

 

 

image_13

柳川特盛きっぷでは店ごとに料理は異なるのですが、
こちらの若松屋ではまずは「うざく」
メニューをみたら¥700です。
image_14
そして、メインの「うなぎせいろ蒸し」
特盛きっぷでは梅なんですが、グレードが上がると鰻の枚数が増えるそうです。
梅は2切れですが、充分お腹いっぱいになりました。
image_15

せいろで蒸したご飯は鰻のタレが染み込みつつもふっくら、もっちり
うま〜い。
大満足の昼ごはんでした。
食事の後は、かんぽの宿に行き、温泉に浸かりました。
帰りは、船を降りたところに、川下りの会社がマイクロバスで迎えに来てくれます。
西鉄で天神に戻り、友人は福岡空港へ
川下りを楽しみ、美味しいものを食べ、北原白秋の事をちょっと学び、温泉。
すっかり満足できる小旅行でした。

コメント