バラクライングリッシュガーデン ~本格的な英国庭園、結構広いぞ 【2016年GW山梨旅行記 4】

旅行記

2016年ゴールデンウィーク 1泊2日の旅
前回の記事に書いた山小屋でのコーヒーのあとは、ビーナスラインをいっきに下ります。
ほぼほぼ下りきったところにある「バラクラ イングリッシュガーデン」が次の目的地
こちらは1万平米の敷地に日本人オーナーのデザインのもと英国人専門家が作った本格的な英国式庭園です。

入場券は種類が多い

無料駐車場があるので、そちらに停めて入場券を購入
入場券は季節によって値段が変わるようです。
おそらく、バラのハイシーズンが高いと思われます。
ちょうどお昼時にかかりそうだったので我々はランチとセットになった入場チケットを購入
ランチとのセットにしましたが、アフタヌーンティーセットも人気があるようです。

入場すると英国式の建物そして、奥に庭園

では、入ってみましょう。
入場券は胸に着けるシールになっています。
入るとすぐに販売用のお庭グッズを見ながら進みます。
そして、右手に英国式の建物があります。

barakura1

ガーデングッズ以外にも各種お土産も販売
英国伝統のスコーンやアップルパイなど手作り焼菓子、紅茶雑貨など、さすがに売っているものも英国調。
そして、レストランを見ながら奥にすすむと庭園が広がっています。
barakura2

いやー、すごい植物の量。
そして、場所場所でテーマがあるのでしょうね。きれいに作られています。
これは、メンテするの大変だろうなぁ。
今回は庭園の一番奥に黒いチューリップが咲いてますよと案内されました。

それが、こちら
barakura3
黒いチューリップ、初めてみました。
単にお花だけでなく、後ろにはこのような大きな建物跡のような物もあったり、
ところどころにはベンチが置いてあったりします。すごいなー。
ランチはテラスで
カフェの中で食べることもできますが、せっかくなので、テラス席でお庭を眺めながら頂きました。
頂いたのはバラクラシチューランチ。シチューにパン、サラダが付いています。
周りをみるとアフタヌーンティーセット食べている人が多かったですね。
barakura4

屋外で美しいお庭をみながらランチを食べていると気持ちもゆったり。
同じ庭園でも季節によって咲く花でみせる表情も色々でしょう。
リピーターも多そうなので、チケットにも年間フリーパスの友の会などもあるようです。
公式サイトはこちらになります。

落ち着いたところで、こちらを後にすることにしました。
ここを出た後は甲府に向かいます。

コメント