単身赴任先がきまったら。家を探すポイント

単身赴任生活

そろそろ4月の転勤の内示時期。
すでに転勤を伝えられ、家探しを始めた人も多いだろう。
単身赴任者が家を探す場合、何を優先すればよいか?
単身赴任生活まもなく丸4年を迎える私が感じるポイントを紹介しよう。

どんなロケーションがよいか

交通の便などは勤務先や地域によるので、ここでは述べません
単に家を探すとき、優先したほうがいいと思われるポイントをお伝えします。

①. コンビニかスーパーが近い

super

飲食店とコンビニ・スーパーのどちらを優先させるべきか?

自分は自炊しないから飲食店のそばがいい、という人は多いと思う。
しかし、私はコンビニかスーパーだと考えます。

飲食店は会社から帰宅ルート中にあれば済みます。
しかし自室でちょっと食べたい、ちょっと飲みたいという時、自室に何もないと気持ちが沈むものです。
更に雨でも降っているものなら。
冷蔵庫がなくても目の前がコンビニならまず耐えられます。
ただし、若者のたまり場コンビニは避けた方がいいですよ。

② クリーニング店が近い

yshut

サラリーマンですと、ワイシャツやスーツなど、毎日のように洗濯物がたまっていきますね。
単身赴任する年代の皆さんはそれなりの年齢でしょう。
身なりもある程度パリッとしておく必要があります。
ノンアイロンシャツを自室で洗濯してももうひとつパリッとしません。
今はクリーニング店も安くなり、洗濯とアイロンにかける時間を考えるとクリーニングの方が効率的だと私は考えます。

しかし、クリーニングは出しと受取の2回店にいかなくてはならない。
そこそこまとめて出すだろうから、遠いとそれだけでおっくうになります。
私も目の前なので、様子をみてすいているときにとりにいき、
袋にもいれてもらわず、そのまま手持ちで帰ってこれる。
平日、ワイシャツがピンチの時閉店ぎりぎりに店に飛び込むこともあります。
家を探すと同時にクリーニング店をチェック。ポイントです。

③ ドラッグストアーが近い

drug

単身赴任生活では結構こまごまとした日用品は必要になります。
歯磨き、石鹸、カミソリ、トイレットペーパーなど。
スーパーやコンビにでも買えますが、ここはやはりドラッグストアー。
値段も安いし、品揃えが違う。
今は競争も激しくポイントがたまる店も多いですので、これもチェックポイントです。

すべてをまかなうにはショッピングモールの近く
色々個別に探すより、ショッピングモールがあれば、すべてがそろいます。
近所にあるのなら、それで十分ですね。

 

番外編:スポーツクラブのそば

単身赴任生活の夜は結構暇なもの。
だらだらテレビをみたり、飲み屋で無駄に時間をすごすなら、
この際スポーツクラブに加入するのも手です。
実は、私は家を探すとき、スポーツクラブの近所を第一優先にしたのです。
加入すれば、お風呂も入れるし、自宅でお風呂を沸かす必要もありません。
光熱費、水道代の節約にもつながります。
あと、加入するときはタオル会員になれば、洗濯物も出ないしいいですよ。
今回は家探しのポイントを紹介したが、次回は家が決まった後、
どんなものを揃える必要があるかを紹介します。

単身赴任が決まったら その②:まず揃えるべきモノ
私が福岡転勤の内示を受け、早4年が経過しました。 会社としては単身赴任してくれ、とは内示しませんので、あくまで単身赴任は私の選択です。 で、内示を受けてまずやったのは家探し。 そのポイントは前回のエントリーでご紹介。 単身赴任先...

 

 

コメント

  1. T K より:

    私にとってリアルタイムの話で
    大変参考になります
    スポーツジムの近くの住居にはならなかったので
    通勤途中で天神のジムに通おうと思います
    次回楽しみにしてます