博多駅地下に揚げたてポテトチップスを食べさせてくれる店があった

美味いもの巡り

年始にJR博多駅から地下鉄に乗り換えようと歩いていたらふっと看板が目について入ってしまいました。


なんとカルビーのお店。
どうも、揚げたてのポテトチップスを食べさせてくれるらしい
ポテトチップスはそんなに好きな訳ではありませんが、物珍しさからつい入店。
試しに買ってみることにしました。
メニューはこちら


まずは、定番そうな九州しょうゆ味のポテトチップスをオーダー。
調理はガラス張りの調理室で作っているので、様子はよく見えます。
まずは、揚げて


それから味付けのスパイスを振りかけます。


ちょっと冷ましてから出すのか、多少待ち時間があります。
さあ、出来上がりました


お店のテーブルでのイートインも出来ますし、紙袋も置いてあるので持ち帰ることもできます。
今回は半分食べて、半分持ち帰りました。
感想としては、スーパーやコンビニで売っている袋入りのポテトチップスとはだいぶ感じが違い、やはり芋っぽさが強いかな。
それとお店ですぐ食べるより、持ち帰ってちょっと時間を置いた方がスパイスが馴染むのか美味しく感じました。
それにしても新しい店かと思っていたら、もう1年以上前からあったのですね。
http://www.calbee.co.jp/newsrelease/140702.php
いやー、気づきませんでした。

コメント

  1. カルビーの発祥の地は広島。
    プレミアム的なポテトチップスを食す機会に恵まれました。
    やっぱ、違いますね。
    この博多のチップス、めっちゃ食いたい。

  2. Hiroko より:

    前に一度コメントさせてもらった者です。
    時々のぞかせてもらってます。
    カルビーのお店美味しいですよね!
    私も博多駅に行く際は買って帰ります。
    市販にない美味しさなので、ちょっとお高くても
    たまにしか来ないし…と買ってしまいます。
    前回のブログで紹介されてた大暴落。
    私も年初からの乱高下に気持ちが上がったり
    下がったりの日々ですので、気になりました。
    図書館で出会えたら読んでみます。

  3. モッチー より:

    箱入りのポテチを、よく買っておみやげにしてます