九州でまず出会った麺類たち

単身赴任生活

福岡の街は歩いているとラーメンやがいっぱいあり、近くをとおると豚骨のにおいがプーンとします。
苦手な人はつらいと思う。
そんなこともあり、ラーメンはいつでも食べられるだろうとあえて食べようとはしていない。
それでも気がつくと一月で2回ほどラーメンを食べてました。

大牟田駅前で食べたラーメン
1件目はお客様訪問で待ち合わせしていた大牟田駅
正直食べるとこがラーメンやくらいしかない。
豚骨ですが、あっさりしたラーメンで味わい深く美味かったです。
ただ、セットのチャーハンがまずい。何回も炒めているのか。こげた味がしました。
チェーン店の一蘭
ここは桜木町や六本木にも店があるのでわざわざ福岡で食べなくてもという感はあります。
お店はどこも同じスタイルで一人一人囲われたカウンター席でラーメンと向かい合って食べます。
今回食べた西新店では、ここにしかないもっちり麺ということでしたが、普段、他の店でたべているわけではなく区別がつきませんでした。

 

熊本人吉の蕎麦や

写真の真ん中は熊本は人吉の蕎麦やです。
黒豚の板蕎麦を頼みましたが、なんとつゆが透明。
このつゆは暖かいのですが、黒豚やネギがはいっています。
ここに蕎麦をつけて食べるのですが、うまい!
なんの出汁かわかる程繊細な舌ではないのでわかりませんが、
魚介系の味はしないので昆布ベースかな?
人吉に行ったらまた行こうっと。

photo4

コメント