阪急電車 ー片道15分の奇跡ー


“>

有川 浩 の著書の映画化
私も以前大阪に住んでおり、阪急沿線に住んでいたが、今津線に乗った回数は何回あるだろう。
西宮北口と宝塚を結ぶ、わずか15分の路線
人はそれぞれの人生で物語があるが、その今津線での出会いにより、人生がちょっと変わっていく話。
映画化ということでは、やはりインパクトのある婚約者を寝取られた中谷 美紀がウェディングドレスのような衣装で結婚式に参加するシーンが強く描かれている。
私としては女子高生達の会話やごんちゃんが出会いのシーンで顔がまっかになるのをどう表現するかが楽しみであったが、そこはちょっと期待はずれ。
でも、小林駅の雰囲気や関西学院のきれいなキャンパス風景はよく描かれてます。
それにしても私も大阪にいるときは電車の中でいろんな人に話しかけられました。
そういう事で人生がちょっと変わるのっておもしろいですね。
本にはあって、映画では描かれなかったエピソードもありましたが、
そこはエンディングのシーンでちょっと出てきます。
多分原作を読んだ人は気がつくでしょう。

コメント