56歳からの転職

スポンサーリンク
56歳からの転職

5回目の失業認定を受け、初めてジョブフェスタに参加してきた

5回目の失業認定を受ける 昨日は5回目の失業認定日。 朝一でハローワークに行き書類を提出。 失業認定には前回の認定日から2回以上の求職活動をしていないと認定を受けられないのであるが、前回からはハローワークより求人の紹介...
56歳からの転職

再就職活動で試験や面接に取り組んだり、九州に行ったりした2018年11月 【退職後5ヶ月レビュー】

退職後5ヶ月目の公開レビュー。 11月は半年振りに九州へ行ったり、1月採用の求人に対する面接などがピークの月でもあった。 生活のペースはつかめたが、以前と比べて食生活は不健康になっている感じがする。 そのため、体重も増えつつあ...
56歳からの転職

超転職術 by 田畑晃子 ~ 転職エージェントが教えてくれる具体的な内定獲得のステップ【読書記録】

転職エージェントの方が書かれた、転職にむけた具体的なテクニックを教えてくれる本があります。 今回、紹介するのはこちらの本となります。 採用側のホンネを見抜く 超転職術 posted with ヨメレバ ...
56歳からの転職

求人詐欺 by 今野晴貴 〜求職活動で企業に騙されないために読んでおくべき

最近、転職活動をしていて求人票をみてなんとなく怪しさを感じていたことがありますが、 本書を読んでその理由が明確になりました。 本書の著者はNPO法人POSSEの代表を務める今野晴貴さん。 今野さんはブラック企業問題に長らく取り組み...
56歳からの転職

退職後4ヶ月経過ー 2018年10月レビュー

退職後4ヶ月が経過した。 一緒に退職した仲間の中では10月から働き始めた者も何人かいる。 10月というのは多くの企業で下期の始まりのタイミングであり、ここをターゲットにした求人はあったが、9月半ば過ぎからは求人が減った感じであり、1...
56歳からの転職

さあ、才能に目覚めよう ~ ストレングスファインダーを転職先の検討に活用してみる【読書記録】

転職活動がうまく進まない時、もういちど自分の特性を見直すためにストレングスファインダーを試してみた。客観的なツールで自分の強みの資質を理解することは将来を考える上で役にたつツールのひとつであった。
56歳からの転職

初回が筆記試験の求人だったので、SPIを学習して試験に臨んだ。

昨日は、応募した会社の筆記試験だった。 これまで何社かの求人に応募し面接も受けたが、初回が筆記試験のみだったのは昨日が初めて。 まあ書類は提出し書類選考通過者に対しての試験なので、先方からみたら2段階目の選抜となる。 しかし、こち...
56歳からの転職

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法 by 北野唯我 ~ どのように働けばよいのかを考えさせれる【読書記録】

転職をしようと思った際に、どのような考え方をすればよいのかを教えてくれる本があります。 今回紹介するのは、こちらの本です。 このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法 posted wit...
56歳からの転職

退職後3か月たった2018年9月のレビュー ~ 転職活動は自分探しの旅

会社を退職して3ヶ月が経過した。 3ヶ月といえば、そのまま勤務していれば第2四半期が経過した訳だが、結果的にはこの期間を無職で過ごした訳である。 この間、たんたんと就職活動をしていた訳であるが、3か月で転職は実現しなかった。 では...
56歳からの転職

退職から丸2ヶ月経過。2ヶ月目のレビュー。

会社を退職してちょうど2ヶ月が経過した。 前回1か月の活動状況を報告したが、 今回は2ヶ月目の活動をまとめてみたいと思う。 1か月目の活動状況はこちらの記事 2ヶ月目は12社へ応募 2ヶ月目での応募は12社...
スポンサーリンク