ハローワークにて就職申請に行ってきた!

56歳からの転職

失業手当を受けている場合、就職が決まったら就業前日失業認定を終了しなくてはならない。
私の場合は月曜日より就業なので、金曜日にその申請をする必要がある。
そんな訳でハローワークに行ってきた。

必要となる書類は次の3つである

  1. 雇用保険受給資格証
  2. 失業認定申告書
  3. 採用証明書

1は失業した際にハローワークから交付されたもの。
2は毎月失業認定の申告をしている書類である。
3については、採用内定通知書を提出したところ大丈夫だった。

申請手続きであるが、まずはハローワーク受付にて就職の旨を告げる。
そのあと、1と2の書類を提出し、簡単な帳票に起票して再度提出をする
受付にてこれらの書類をひとまとめにしてファイルに入れてくれたので、
失業認定の窓口でこのファイルを提出する。

しばらくすると名前を呼ばれ担当者と面談となる。
書類の内容を確認し抜け漏れがある箇所には記入し申請書を仕上げていく。
また3の書類を提出し、ハローワーク側にてコピーをとったりもする。

失業手当の終了手続きは以上となるが、あわせて実施するのが再就職手当申請
これは失業手当が所定の給付日数3分の1以上の支給日数を残して、安定した職業につき、支給要件を全て満たした場合、支給残日数に応じて手当を受けられるという制度である。

私の場合は330日の所定日数に対し、残日数が142日だったので最初のハードルはクリア。
これが1か月後であると受給資格がなかったので良かった。

この後は、採用する事業所側に申請書や調査書に起票してもらって、ハローワークに提出してからの認定となる。

これで、就職前のハローワークでの手続きは完了。
さあ、いよいよ週が明けると再就職となる。
どきどきしますね。



コメント