gleeシーズン3見終わりました! ~ 普通のアメリカの高校生の生活に驚かされた!

シーズン2で全米12位に終わったメンバー。
シーズン3ではいよいよ最終学年に。
このシリーズはglee全国大会を目指しつつも、人生における色んな問題にぶつかっていくのが面白さかな。
しかもその問題が日本ではあり得ない。

 

シーズン3は卒業を前にした進路の問題がテーマ

面白いのは誰も受験勉強していません。願書を送るのに、いかに自分を素晴らしくみせるか。
それがすごい! そのためには学年委員長になったり、スポーツでよい成果を目指すのですが、
同じことを目指す人間もいて、足のひっぱりあいも半端じゃないです。

 

人種差別問題もいっぱい

生徒通しだけでなく、先生までも。
当然、黒人やアジア系は差別的な発言をされるし、欧米人でもヨーロッパ系はいじめられたりとか。
アジア人(この場合は香港系ですが)がアメリカで成功するため、医者にさせようとする親。
反発してダンサーになりたい息子、といった親子の問題も出てきます。
親といえば、主人公の1人のレイチェルには母親がおらず、パパ2人と同居しているという
シチュエーション。これも日本ではないな〜。

 

生徒どおし、先生どおしの恋愛もすごい。
大体先生が学校でイチャイチャしたり、学校で生徒の前でプロポーズしたりするのですが、
それを生徒も祝福します。
生徒通しも結婚することを決めるのですが、賛成意見、反対意見を率直に本人達に自分の意見としてぶつけていきます。そこにはなあなあで収めていくなんてことはない。
こういう意見のぶつかりあいを通じて、アメリカ人は成長していくんだなーと。

 

全編をつうじて流れる音楽も秀逸

アメリカンポップス好きにはたまりません。
シーズン3で良かったのは

  • FIX YOU / COLDPLAY
  • waiting for a giel like you / Forigner
  • We found love / Rihaana
  • Take my breath away / berlin
  • Mean / Taylor Swift
  • Edge of glory / Lady GaGa
    などなど。

さあ、シーズン3で全国大会はどうなるのか?
卒業後の進路は。
すべてハッピーエンドでは無いというところまで、ここでは書いておきます。
3年間で大きく成長したメンバー。
高校生の子どもがいる人は一緒に観てもいいんじゃないかな。
観るなら勿論シーズン1からですよ。

NHKのサイトはこちらから
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/glee3/

 

 

 

 

コメント