成功する人は缶コーヒーを飲まない by 姫野 友美:今までの食習慣の本とはちょっと違う


食習慣の本と言えば、健康で長生きのための食習慣がほとんどだと思うが、
本書はちょっと違う。
バリバリ仕事をするために、集中力を持続させるための食べ方を教えてくれる。
まずはタイトル通り、何故缶コーヒーが駄目か
朝に飲む、まずいっぱいの缶コーヒー
すっきりするはずなのに、何故か頭がぼんやりしてしまう。
その原因は含まれている”砂糖”だと言っている。
なぜ砂糖がいけないか。
それは血糖値が一気にあがり、そのためインスリンがでることにより、
今度は血糖値が下がりすぎるため、不安定きわまりない状態になるためだそうだ。
本書では日本国民が糖質過多の食生活である事を問題視している
その食生活により精神疾患につながるだけでなく、メタボにもつながるなど。
逆に、脳に一番必要な栄養素は、タンパク質であるとの主張
タンパク質が含まれる肉を食べろ、卵は1日一個食べろをいう健康食の本は初めてだ。
合わせて納豆やミソなどの発酵食品を多くとることも勧めている
なんか、今までに無い健康食の本ではあるが、
日本人の食生活は糖質を多くとるようになっているので、
それを減らすことが重要なんだなと感じた。
このような食生活で、はたして頭がきれるようになるのか。
仙人のような食生活ではないので、負担なく実践はできそうである。
早速試してみたいと思う。

コメント