九州オルレ 九重・やまなみコース ~ 秋のイベントに参加!

登山・トレッキング

今年3回目のコース
今年から行き始めた九州オルレコース

「オルレ」は韓国・済州島から始まったもので、もともとは済州島の方言で「通りから家に通じる狭い路地」という意味。自然豊かな済州島で、トレッキングする人が徐々に増え、「オルレ」はトレッキングコースの総称として呼ばれるようになり、今では韓国トレッキングの中心的コースになっています。
宗像・大島コース、唐津コースに続いて3つ目のコース。
九重は大分にある山でミヤマキリシマが咲く季節と紅葉で有名。
今回はそんな紅葉の季節でのトレッキングでした。
朝はチョー寒かった。
今回は九州オルレを楽しむイベントに参加。
スタート地点は九重夢の架け橋なんですが、ゴール地点の長者原(ちょうじゃばる)にクルマを起き、そこからシャトルバスでスタート地点への移動にしました。
スタート地点には9時前に到着しましたが、激寒。山を見るともう雪がかかってました。

スタート地点では地元の太鼓の演奏で
一応イベントなんで開会式。
地元の太鼓の演奏。
これはこれで良かったです。ただ、ずっとアウトドアで演奏を聴くのはちょっと辛いか?
今回晴れて日が当たったので良かったですけど、ちょっと寒かったら辛かっただろうな〜。

スタート後は集団で、最初の休憩地点でのアイスが美味い!
朝寒かったのですが、歩き始めるとすぐ身体は暖まります。
最初の休憩地点ではイベントでもらった割引券を活用し、アイスを食べます。
牧場とれたてのジェラード。美味しかったー。

アイスの後はあぜ道。
牧場風の景色とネギの収穫をしている畑をみながら歩きました。

途中の休憩では梨とチョコレート
イベント参加のメリットは途中でおもてなしがあることです。
今回は地元で採れた梨とチョコレートの差し入れ。
また、歩く気合が入ります。

九重は日本離れした風景が美しい
休憩の後歩いてからはずっと高原地帯を歩きます。
本州ではあまり見れない風景の連続。
天気の良さと合わせて気持ちがいいトレッキングです。

紅葉の向こうには山

牧草地帯と歩きます。

あー、山がきれい


コースは12.2km
標高差も230m位あるのですが、ゆったりと登って行くので割と楽なコースです。
大分独特の山の風景を見ながら楽しめるコース。
天候にもよるとは思いますが、大変気持ち良く、また来たいと思いました。
ゴールではだんご汁
今回はイベント参加でしたので、ゴール地点ではだんご汁の振る舞いがありました。
アウトドアを歩いた後にはホッとする味。幸せだな〜。

ゴールし、だんご汁も味わい、今回のイベントは終了ですが、宿へのチェックインには時間もあったので、スタート地点の九重夢の架け橋を見に行きました。
しかし、朝と違って手前から渋滞。駐車場に入るのもですが、橋の上まで渋滞。
さすがピークシーズン。
我々は橋は渡らず、上から景色を見るにとどめました。

締めはやっぱり豊後牛
今回は貸別荘のようなところに泊まりました。
レストラン食でも良かったのですが、部屋食に。
特上豊後牛の焼肉セット。
まずは露天の温泉に浸かり、それからの焼肉。
サシが入っているんだけど油っぽくない肉。
いやー、美味かったです。

翌日の英気を養った後はぐっすり寝ました。
感想
由布院にしても九重にしても大分の風景は独特です。
そんな景色をみながらのトレッキング。
ずっと登りなんですが、ゆるやかなので、まったく気になりません。初心者でも大丈夫。
景色を十分楽しめるコースなので、また来たいと思いました。
あと、美味しいものがいっぱいあるので、もっと食べたいかな〜。、

コメント