あの日にドライブ by 荻原 浩 ~ 人生をやり直せたらと思っても・・【読書記録】

主人公は43歳。元メガバンクのエリート銀行員
現在タクシー運転手
自分はタクシー運転手は仮の姿だと思っている。

元銀行員のプライドからか公認会計士を目指すが、試験も通らない。
タクシー成績もあがらない。
そんな時、学生時代につきあった女性を思い出し、その女性の自宅近くにいったり、
学生時代に住んでいた下宿で過ぎた日々を振り返ったり。
あの時、人生の選択を違う方向にしていたら。
もう一度やり直すことができたら。 妄想はどんどん広がっていく。

タクシーの営業成績は偶然によるものと思っていたのが、
戦略をたてることで大きく成果につながることに気がついたり。
他のドライバーと自分は違うと思っていたのが、実はみんな昔はすばらしい時代があった人だったり
色んなことに気づかされていく。

この妄想を読んでいると自分も昔の事を思う事があるなあ。と思わされる。
しかし、この主人公の様に人生をやり直せたらと思う事は無い。
なぜならそんな事を考えてもしょうがないから。
それよりはこれからどう生きるかの方が大事ですよね。
ただ、小説としては頭を休められて楽しめました。

コメント