白銀ジャック by 東野圭吾 - 雪山を舞台とした痛快なサスペンス【読書記録】

東野圭吾氏が書く雪山を舞台としたサスペンス
前回は疾風ロンドを紹介。
前回のエントリーはこちら

疾風ロンド by 東野圭吾 ー 最後が最も笑える娯楽小説【読書記録】

前回が面白かったので読んでみました。
今回もスキー場が舞台。
1年前ひとり人が亡くなると事故があったいわくつきのスキー場。
そこに、ゲレンデ下に爆弾を埋めたという脅迫が届きます。
そこに現れた1年前前の事故の被害者の親子。
爆弾を探すパトロール隊員。
厳しい経営に苦しむスキー場の経営者。
などなどが絡み、再三の脅迫に対し、ゲレンデでスピード感溢れる犯人との追っかけっこ。
前回の疾風ロンドでは登場人物がみんなマヌケと紹介しましたが、
本書はそんな事はありません。
読者に対し、こいつが怪しいと次々思わせるのはさすがです。
果たして犯人は誰か?
それは読んでのお楽しみです。

コメント