寒川神社 ~ 相模国にある関八州の守り神へお参りしてきた【神社めぐり】

神社めぐり

このところ神社めぐりをしていなかったと思い、久しぶりに行ってきました。
今回は神奈川県 寒川町にある「寒川神社」参りです。

寒川町というのは、北に厚木市、南に茅ケ崎市、平塚市に囲まれた場所になります。
昔でいう相模国に位置する神社で、寒川神社は相模國一之宮と称されるそうです。

なんせ、少なくとも1,600年もの歴史をもつ神社となります。

では、入ってみましょう。

境内への入り口はこちらの神池橋から。

渡ってみたのですが、思いのほか急な傾斜です。
女性の場合、ヒールで渡ろうとすると苦労するかもしれません。

参道は石が敷かれており、両側にも灯篭がたっています。
さすがに平日で人が少ないですが、初詣の時はこの参道もいっぱいになるのでしょう。
この日は落ち着いて歩けました。

 

参道を抜けると正面には神門がみえます。

 

左手には手水舎があります。
神門をくぐる前に、まずはこちらで見心を清めましょう。
一度に10人くらいが手水をつかえる位、柄杓がありました。

手前にはたくさんのおみくじが結ばれています。

それにしてもいたるところに

「奉祝 天皇陛下御即位三十年」とののぼりがあります。
昔から天皇陛下と繋がりがあるのでしょうか?

さて、神門をくぐると、正面に御本殿がみえます。
ここの御本殿前はたいへん広いスペースになっています。

まだ10月ですが、何組かの七五三参りの方や初宮参りの方がきていました。
御本殿にかかるしめ縄も立派です。

御祭神は

寒川比古命(さむかわひこのみこと)
寒川比女命(さむかわひめのみこと)

の二柱の神を祀っているそうです。

また、寒川神社ですが、全国唯一の八方除、方位除の守護神とのことで、
このような記念碑が御本殿の横にありました。

 

広く、樹木に囲まれた落ち着いた境内。
そして、家業繁栄・福徳開運をもたらす神様として信仰されている神社。

お参りのあとは、客殿で御朱印を頂きました。

 

ひさしぶりの神社まいり。
神様と繋がることができてありがたい時間でした。

 

寒川神社の公式ホームページはこちら

場所はこちら


神池橋の右手に第一駐車場、左手に第二駐車場、第三駐車場もありました。
駐車場は無料でした。

コメント