【書評】採用基準 by 伊賀 泰代:人事系の本かと思ったら大間違い

“>
著者はマッキンゼーで人事を担当。
もちろん中途だけでなく、新卒も採用している。
マッキンゼーの採用というと世界中から頭のよい人間を集めているので、
その採用試験もその場で解が出せないような問題や推論による仮説思考を試すのではと思ってしまう。
しかし、本書にかかれている事は違う。
この本はリーダーシップについての本だった。
お客様からお金をもらい、経営者から真の課題を聞き出し、現場の納得間も得られるように仕事進める力。それがマッキンゼーでは最も重要。
そのために必要な事はリーダーシップだと説く。
つまり採用の際に見るのはこの人はリーダーシップがあるかどうか?
ではリーダーシップとは何か。
本書ではリーダーがなすべきこと
マッキンゼーにおけるリーダーシップ
リーダーをどう育てるか。
について詳しく説明
また、マッキンゼーが求めるリーダーシップはグローバルリーダーシップであることもポイント
日本におけるリーダーとの違いについても教えてくれる
最後にはリーダーシップを身につけることで自分の人生をコントロールできるという。
本書を読むと、コンサルタントでなくて、会社の中でメンバーを引っ張っていくには何をしなければならないかということを気がつかせてくれる。
大変勉強になった一冊でした。

コメント