先端技術が応える! 中高年の目の悩み:50過ぎて目に異常を感じたら是非ご一読を

私は2年前程前から目の前に常に黒い点が見える。

当時はかなり焦って、病院で検査したが、飛蚊症という症状で特に問題は無いそうで一安心。
人間は以前より長寿になっていることもあり、目の病気は増えているようだ。
まあ、起きている間は目をずっと使っているのだから、しょうがない。
しかも昔よりパソコンを凝視したり、目をとりまく環境はよくないだろう。
本書では前半の半分を使ってドライアイについて解説している。
ドライアイについてだけでなく、なぜドライアイが起こるか?
その説明を通じて、現代人がいかに目を酷使しているかを説明。
パソコンだけではない、エアコンにしてもコンタクトレンズにしてもそうだ。
ちなみに私は高校一年の時からコンタクトレンズを使っている。
かれこれ、30年以上。1日の大部分眼球をハードコンタクトで抑えているのだから
今後何か起きてもおかしくないであろう。
ドライアイを防ぐには涙が大事。今の女性の目元周りのメイクはこの涙をいきわたらせるのを
邪魔しているというのも現代人に起きていることだ。
後半は結膜弛緩症、白内障、緑内障、老眼への対処方法が書かれている。
白内障などは昔と違い、短時間の手術ですぐ対処できるようになったそうだ。
目については、何となくしっているレベルであるが、
医学博士が最近の医療技術を書いてある本書は参考になりました。
目の調子がちょっと思わしくないと思ったら、本書を一読されることをお勧めします。

コメント