田口智隆トークショー ~ 学びを実践することだけが人生を変える

学びと成長

はじめに

毎月開催される大杉潤さんプロデュースのトークショー
今回のゲストはファイナンシャルインディペンデンスを実現している田口智隆さん
田口さんのセミナーについては10月にも参加し、今回お話を聞くのは2回目です。

前回と異なり今回はトークショーという形式。
果たしてどんな話になったのでしょうか?

では、紹介しましょう。

小さい頃の田口さんはどんな人だった?

大杉潤さんのトークショーはいつもゲストの小さい頃のお話を聞いていきます。

 

田口さんの幼少時代は、

  • 幼稚園の頃から電車好き、ブルートレインが憧れで小学校時代から撮り鉄だった。
  • 母親が教育熱心で塾に入れられたのでの学校の成績は良かった

そうです。

ところが、高校に入って地元埼玉から離れる人生が一変したそうです。
それは、

  • 学校に知っている人が一人もいないので、誰とも話さない生活を送っていた。
  • 昼休みや空いている時間はひたすら本を読んでいた
  • 撮影の対象が鉄道からアイドルへ。当時は酒井法子、南野陽子のファンだった。

そんな田口さんですが、大宮ソニックシティで開催された酒井法子さんのコンサートがきっかけで、人生が変わります。それは、

  • イベントスタッフに声を掛けられアイドルイベントのバイトをすることに
  • 友達も勧誘するように勧められ、初めてクラスメートに声をかけるようになる。

さて、そんな田口さんですが、高校時代の成績が常に学年でTOP10以内だったそうです。

それは、試験範囲のすべて解答を暗記したそうです。
ただ、解答は暗記したが、解き方は全く覚えていなかったそうです。

通っていた高校は大学付属校でしたが、進学を決める一発勝負の試験。
そこで起こったことは解き方を覚えていないため、全くできなかったそうです。
その結果、田口さんは浪人してしまいました。

浪人時代の出会いが人生を変える

浪人した田口さんですが、一浪では歯が立たず、二浪してしまいます。
ただ、この浪人時代に代々木ゼミナールに通ったことがきっかけで、講師側になりたいと思ったそうです。

二浪の末、東海大学に合格した田口さん。
大学合格と同時に塾の講師に応募したところ見事合格
ここから塾講師の道を歩み始めるのです。

塾講師やりがいもあり給料もよかったそうです。
一方、せっかく合格した大学は、結局中退することになってしまいました。

塾講師時代に借金だらけに、そこからの復活

塾講師時代は終わっては毎晩のように飲み歩き。
川口の塾から新宿に遠征して飲みにいき、借金がどんどんふくらむ状態

さすがにヤバイと感じた時にであったのが「金持ち父さん、貧乏父さん」

田口さんは断言されます「本で人生が変わった」

 

借金返済は「副業と投資」

塾講師をやめ、まずは借金を返済することにまい進する田口さんですが、
「副業」と「投資」により借金返済を実現し、その後も資産は上向いていきます。

副業については、メルマガを通じた情報商材の販売だったそうです。
どんな商材かというとIPO投資についてだったそうですが、

重要なポイントは

人から仕入れた情報商材を必ず実践すること

と協調されます。

そして、自分で実践した結果を自分の情報商材として発信するとともに、
元々仕入れた方にも必ず結果をフィードバックしたそうです。

田口さんは主張されます。
とにかく商材に関することは実践する。続けることが大事

進行を務める大杉潤さんもこの話を聞いて

研修などでも話を聞いて実践する人は少ない、でも実践した人は必ずうまくいっている

と自らの体験をもとに話されました。

 

田口さんのミニセミナー

トークショーにつづいて、田口さんによる20分弱のミニセミナーです。

田口さんは、
本当のお金持ちとお金持ちっぽい人の区別はつきにくい。
世間で言われているお金持ちは、タワーマンションに住んだり、高価なものを身につけたり派手にお金を使っている。
ただ、高所得者の人は支払いも多いので常に不安感を持っている人が多く、
実際のお金持ちは無駄なことにお金をつかわない

ということを話されました。

当面の目標

再びトークショーに戻り、最後はこれからの目標についてのお話です。

田口さんはまず来年の目標として、
2019年は作家デビュー10周年にあたるので、感謝を込めたイベントを実施したい。
具体的には4月に600人規模の講演を予定されているそうです。

そして、もうひとつ。
現在出版部数が80万部後半だが、100万部を達成したい。
そこに向けてはコミック化した本の出版や、新しいテーマでの企画も進めているそうです。

そして、将来は

  • 50歳までに世界一周したい。死ぬまでには10週くらい
  • エッセイを書く。

という夢があるそうです。

質疑応答そして懇親会

最後は質疑応答です。

何人の方かが質問しましたが、面白かったのは、
「28歳までの無駄遣いについて」です。
田口は当時の無駄遣い今に活きていると言われました。
当時があったからこそ、今そういうことにお金を使いたいと思わないそうです。
逆にマイナスの時期がなく、経済的自由を達成し、年取ってからそういうことに
目覚めるとろくなお金の使い方をしないと述べられました。

終了後は、参加者全員で集合写真です。

集合写真のあとは、同じ会場で簡単な懇親会です。
今回のイベントをプロデュースされた大杉さんによる乾杯ではじまります。

今回、参加した人との交流もでき、楽しい時間でした。

まとめ

田口さんがトークショーの中でボソッと言った言葉。
「自分は自分のお金をもう使いきれない」

そう述べる田口さんだが、服装や持ち物も決して高価できらびやかな物を身に着けていない。
腕時計もしていないし、携帯も格安SIMらしい。

きっと街ですれ違う人も、人生で使いきれない位のお金を持っている方とは誰も気づかないだろう。

学んだこと、得た知識を徹底的に実践することが、人生を変えるのだと感じたトークショーであった。

あわせて読みたい

 

1億円の法則 by 田口智隆 ~ 本から学び、実行に移す大切を学べる本【読書記録】

 

田口智隆 & 立花岳志コラボ 「お金の不安が消える生き方」セミナー へ参加。今後の生き方に気づきを得られた!

コメント

  1. […] 田口智隆トークショー ~ 学びを実践することだけが人生を変えるはじめに 毎月開催される大杉潤さんプロデュースのトークショー 今回のゲストはファイナンシャルインディペンデン […]

タイトルとURLをコピーしました