福岡単身赴任生活 5年間で満了 ~ 充実した最後の1年 その② 街と旅を楽しむ

単身赴任生活

福岡単身赴任生活 最後の1年。
アウトドアだけではなく、街や旅も楽しみました。
福岡は街で開催されるイベントも多くあります。
なんでそんなの知っているの?と言われることもありますが、普段から街のポスターや
自宅にポスティングされる市の広報や無料のフリーペーパーをみていると結構気付くものです。
知らない街での単身赴任生活は情報に敏感でなくては、楽しめませんよ。

では最後の1年に楽しんだイベントや福岡を基点とした旅について今回は紹介しましょう。

 

①行事・イベント編

博多祇園山笠

博多で最も人々が熱くなるイベントといえば、「博多祇園山笠」
地域ごとに山笠をつくり、それを担いでスタート地点か博多総鎮守である櫛田神社の境内まで
舁き入れる。その距離約112m。このタイムを競うのだが、その順番で翌年の順番が決まるので
それぞれ力をいれてくる。
櫛田神社への奉納の後は、街を巡る。これが毎年7月15日 4時59分(朝ですよ)に設定されている。

街ではこの日に向けて、7月1日から色々な行事がある。他の地区をまわる 「他流舁き」
リハーサルにあたる「追い山笠ならし」「集団山見せ」など本番である「追い山笠」が近くなってくると
街全体が熱くなってくるのである。

追い山笠ならし

▲追い山ならしの様子。まだまだ緊張感はないが、平日のリハーサルの段階でこれだけの
人が山笠に関わっている。

新天町の飾り山笠

▲街中では何箇所かで飾り山笠をみることができる。これはあくまで飾り。担ぐことは無いのである。

私はこれまで本番である「追い山笠」は見たことがなかった。今回は一度本番を見ておこうと
4時代に起きて、いそいそと出かけたのであった。

もちろんこの日は早朝から地下鉄も動いている。

まわる場所が広域なので、人は多いがなんとかなるもの。

追い山笠の様子

▲さすがに本番は緊迫していましたねー。気合のはいった走りでした。

追い山笠はテレビでも放映していますが、やはり現場でみるのはいいものです。
福岡に単身赴任される方は是非いちど見るのがいいと思います。毎年7月15日ですよ。

 

福岡城さくらまつり

福岡城跡で毎年3月末から4月上旬の桜が咲く頃に開催されます。
昼もいいけど、夜のライトアップもいいです。

ライトアップされた城門

▲このようにライトアップされており、城門が映えます。
お堀への映りこみもいい感じになります。

桜ライトアップブルー

▲こちらは地下鉄赤坂駅を出て大濠公園に向かう道路沿いからの風景。
正面に小さくみえるのは福岡タワー。
このライトアップの色はどんどん変化しますよ。

さくらまつりは一度入場料を払って中にもはいりました。
天守閣跡では、多くの人が花見酒も楽しんでいますよ。

この時の様子はこちらのエントリーで紹介しています。

福岡城さくらまつり - 昼と夜で2倍楽しもう
今年も福岡城さくらまつりが開催された。 公式サイトはこちら 3/25から開催されていたが、福岡市は開花宣言は早かったものの、その後の気温低下に伴い、満開宣言は3/31 満開の桜がみれたこの週末は多くの人が訪れたことであろう。 さ...

 

福岡市役所前広場でのイベント

福岡市役所前の広場ではしょっちゅうイベントをしています。
何をやっているかをチェックするのも重要。
私はここでのイベントはあまり行かないのですが、2年続けていったのが、「スパークリングフェスタ」(正式名称ではありません)
世界各国のスパークリングワインが楽しめるのです。

▲奥の建物が福岡市役所。
市役所前で昼間っからこんな酒飲みのイベントがあるのですからすごいですよね。

2色のスパークリングワイン

▲スパークリングワインと言えば、白いイメージなんですが、こんな風にカラフルなスパークリングワインがあります。
開催時期は7月末。暑い中、外で昼間からシュワシュワのスパークリングワインはいいですよ。

福岡市役所前だけでなく博多駅前やアクロス横の広場でも色々なイベントが開催されています。
福岡は移動距離が短いので、普段からチェックして自分の行きたいイベントを気楽に楽しめるのもいい点でした。

 

②福岡を基点とした旅

福岡に住んでいると時々、友人から今度福岡に行くからどこか連れて行ってという連絡が入ります。
福岡市内は夜は楽しいのですが、昼は以外と観光するところがないのです。
しかも相手が何度が福岡に来ていると市内のたいがいのところは訪問済み。
また、最後の1年は妻や息子も来たのでどこに連れているか思案しました。

糸島ドライブ

アウトドア編では私のサイクリングコースとして紹介した糸島。
自動車で回るとより行動範囲は広くなります。
また、面白い観光スポットもあり、3~4時間程度の観光にはちょうどよいかもしれません。

二見ヶ浦のきれいな海

▲自転車でも行った二見ヶ浦の夫婦岩。この写真は8月ですが、これだけのきれいな海は関東ではみれません。

またいちの塩(概観)

▲こちらは「またいちの塩」のとったん工房
海水がきれいな場所ということで見つけた場所で海水をくみ上げ、徐々に濃度を濃くして
塩を作っている工房です。

塩をくみ上げる様子

▲実際に濃度が濃くなった海水から塩をくみ上げている様子です。
タイミングが良いとこの様子が見られます。

こちらで取れた塩も販売していますし、店頭で買った塩プリンを海をみながら食べるのも最高です。

 

白糸酒造蔵開き

▲糸島にある酒蔵「白糸酒造」
息子が福岡に来た2月はちょうど蔵開きでしたので立ち寄りました。
タイミングがあえば、めったにない機会なので是非お立ち寄りを。

 

長崎観光

昨年の夏休みには妻が来復。普段出張で行っている長崎ですが旅行で行くのは初めて。
出張では行かない場所を観光しました。

ランチは市内にある老舗「吉宗」で茶碗蒸しの定食。高そうにみえますが、リーズナブルなお値段です。

吉宗訪問記はこちらのエントリーで紹介

吉宗(よっそう) ~ 長崎市にある創業150年の老舗で茶碗蒸しを食べてきた 【2016年夏 長崎旅行①】
今回紹介するのは、慶応二年(1866年)に茶碗蒸し専門店として開業した老舗。 茶碗蒸しをメインに食事に行くことはめったにないと思う。 2016年の夏休みの長崎旅行で訪れたこのお店。 よい体験でした。 場所は路面電車の観...

長崎と言えば世界遺産でもある「軍艦島」
ここはツアーを申し込まないといけません。上陸率は70%くらいだそうですが上陸できてよかった。

軍艦島ツアーについてはこちらのエントリーで紹介しています。

軍艦島に上陸 ~ かつて5,000人以上が生活した島の迫力に感動 【2016年夏 長崎旅行②】
長崎に行くたびに、一度は行きたいと思っていた世界文化遺産 「端島」は通称「軍艦島」として有名な島です。 今回の旅行でついに行くことができました。 いやー、その迫力には圧倒されました。 では、紹介しましょう。 端島(通称...

長崎では平和公園と原爆資料館も見学しました。

長崎原爆資料館と平和公園 【2016年夏 長崎旅行⑤】
今年の夏の長崎旅行で訪れた最後の訪問地は「長崎原爆資料館」 長崎に原爆が落とされたのは8月9日。今回の訪問は8月11日でしたので、ちょうど原爆投下の日の2日後でした。 あらためて思う原爆の悲惨さ 広島平和公園は2回ほど訪れ...

 

長崎は福岡からはクルマで2時間程度。ちゃんぽんが有名ですが、それよりは寿司が安くて美味しいので夕食では寿司を食べることをおすすめします。

 

福岡オープントップバス

福岡に来た友人。平日に到着の場合はこちらも仕事なので夕方まで時間をつぶしてもらいます。
そんな時お勧めなのがオープントップバス。
60分間、屋根のないバスで観光できます。乗車した友人たちはみな面白かったというので、
私も最後に一度はということで妻が来た時に乗車しましたが、確かに楽しめました。

福岡オープントップバスを初体験 【2016年夏休み】
福岡に住んでいると時々見かけるオープントップバス。 一度は乗りたいと思っていたのであるが、今回やっと乗ることできたので、紹介したいと思う。 チケットの予約と割引について オープントップバスのコースは シーサイドももちコー...

 

 

 

日田へのドライブ

大分県の日田市は江戸時代にどこの領地にもならず天領として栄えた街
川が流れ水も豊かできれいなのか、日田で採れた水は天領水として売られています。
サッポロビールの工場やいいちこの工場もあるので、工場見学も楽しめる街。
福岡からはクルマで1時間程度なので、市内観光以外に行くにはちょうどよい距離です。

薫重酒造

▲こちらは日田市古くからの酒造「薫重酒造」です。
昔の酒造りの工場跡も見られます。売店では試飲もできます。
横の駐車場が無料なのもありがたい。

日田やきそば

▲日田といえば焼きそばが有名なんです。
鉄板にぎゅうっと押し付けカリカリにした焼きそば。
市内には何店舗もありますので、日田に行ったら焼きそばをどうぞ。

この時の体験記はこちらのエントリーで紹介しています。

大分県日田市~博多から日帰りドライブで行ける古い歴史を感じる街
9月の頭に関東から2組の友人夫妻がやってきました。4人とも何回目かの博多なので、博多の観光スポットはだいたい訪れています。 今回どこに行こうかと悩んでいましたが、そんな時思いついたのが大分県 日田市。 日田は古くは天領として栄え...

 

湯布院

温泉で有名な湯布院。
由布岳を登山しようと行ったのですが、残念ながら雨で登山できなかったのが、心残り。
ただ、ユースホステルに泊まれたのが収穫でした。

湯布院カントリーロードユースホステル:温泉と美味しいご飯でゆっくり過ごせた宿
九州にいる間に登ってみたいと思っていた山。それが「由布岳」 今回は、由布岳登山に向けて由布院に宿泊、朝から登山しようと計画を立てた。 しかし、由布院は九州の中でも高級旅館が多い温泉街。ビジネスホテルなども皆無である。 ひと...

 

まとめ

福岡を基点に色々な行事イベント、そして観光を楽しんだ1年。
他にも行事はあったのだが、とても1年では行ききれるものではなかった。
旅先も鹿児島の「知覧特攻博物館」や「甑島」も行きたかったし、長崎の「壱岐」や
福岡を基点に韓国釜山も行きたかったのだが、行くことができず心残りとなった。
また、機会があればいってみたいと思う。

 

コメント